WR®

WR®(耐摩耗性)シリーズは、際立った摩耗特性と摩擦特性に加え、かじりや焼き付きが生じない優れた性能を備えています。WR®材料ポートフォリオはMTBR(平均修理間隔)を延ばし、信頼性を高めます。

より長いドライラン性能と非常に優れた耐薬品性を持つ弊社のWR®材料は、多くの場合50%以上ランニングクリアランスを減らします。それにより再循環が最小限に抑えられ、振動が減りローターの安定性と全体効率が最大化されます。

WR®材料は274°C (525°F)までの極低温で動作します。WR®材料は一般的にPEEKと炭素繊維を複合させたものですが、弊社のWR®シリーズ最新のWR® 650は、PFAに炭素繊維を配合させたもので、全体的な性能としてはポートフォリオの中で最も優れています。

さらなる情報はエネルギーおよび耐摺動性複合材のページをご覧ください。

その他のリソース

WR®の関連資料を閲覧・ダウンロードできます。