Arlon® PEEK

Arlon®は独自のPAEK(ポリアリールエーテルケトン)熱可塑性複合材料で、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)とPEK (ポリエーテルケトン)化合物のサブセットを含みます。このサブセットは高強度と耐摩耗性を特長とし、過酷な環境や極端な環境、ならびに非常に動的なアプリケーションでの使用に適しています。

PEEKとは?

PEEK材料(ポリエーテルエーテルケトン)は高性能な半結晶性のエンジニアリング熱可塑性プラスチック材料で、刺激の強い化学薬品に対して優れた耐性を示します。また、広範な温度範囲で高い機械的強度を発揮し、寸法安定性にも優れています。

また、PEEKは丈夫で強く、硬い材質で、優れた耐クリープ性を備えており、熱的特性、化学特性、燃焼特性が性能に大きく影響するアプリケーションに最適です。さらにPEEKポリマーは、過酷なHPHT(高圧高温)環境でも、硬度と強度を維持します。

PEEKは、航空宇宙や石油・ガスなど幅広い産業で電気コネクタのボディに多く使用されています。熱膨張を最小限に抑え、耐薬品性とピン密度が高く、シーリング材としても使用できます。

このほかにもグリーンツィードでは、さまざまなシーリングシステム部品やセンサーハウジング、ならびに航空機のエンジンやその他条件の厳しい環境における多くの高性能アプリケーションにPEEK材料を使用しています。

Arlon®製品

Arlon®製品の動作温度範囲は低温から最高260°C(500°F)までと幅広く、さらに熱安定性と耐衝撃性が高く、摩耗性が低いという特長があるため、頑丈で長期の使用が求められるアプリケーションに適しています。

弊社が独自に開発した最新のArlon®製品、Arlon® 3000XTは、クラス最高レベルのポリケトンです。Arlon 3000XT®はPEEKと比較した場合にガラス転移点が35° F高く、350° Fから600° Fの環境で機械的特性を保持するという優れた特質を備えています。市販されている唯一の架橋型PEEK材料であり、高温環境での耐薬品性が大幅に向上しているほか、耐クリープ性に優れ、さらに無充填グレードのPEEKと比べて絶縁抵抗が高くなっています。

グリーンツィードでは、Arlon® 3000XTのほかにも幅広いグレードのPEEKポリマーと各種充填剤をそろえ、対象とする業界や用途それぞれに特有のニーズに対応しています。

PEEK材料/高機能熱可塑性プラスチック(AET)製品表(英語版)をダウンロード

ダウンロード