イノベーション

グリーンツィードのイノベーション

市場のニーズにお応えする、それがグリーンツィードです。

石油・ガス市場に見られるHTHP(高温高圧)環境に耐え得る材料が求められたとき、グリーンツィードはそれに応えました。弊社のアプリケーションエンジニアは、圧力と熱の組み合わせにより熱可塑性素材に過度のクリープが発生し、それが故障や高コストのダウンタイムにつながる可能性があることを理解していました。

高圧環境での温度耐性と強度を高めた素材を用いる-それが、より深い地点を掘削するというお客様の目標を実現することがわかっていたため、グリーンツィードはその作業に取りかかりました。そして2013年、市場初となる架橋PEEK: Arlon® 3000XTを発表しました。Arlon® 3000XTは、PEEKポリマーと比較した場合にガラス転移点が35°F (20°C)高く、350°F (177°C)から600°F (316°C)の環境で機械的特性を保持するという優れた特質を備えるだけでなく、それによりお客様はPEEKの設計制限を超えた目標を達成できるようになりました。

グリーンツィードは150年以上にわたり、製品開発をリードし続けてきました。当社はお客様と緊密に連携しながら、お客様がより早く、より効率的に、より信頼性の高いパフォーマンスを実現するためにテクノロジーを進化させるお手伝いをする方法を見いだします。グリーンツィードの材料と製品のポートフォリオは、弊社のイノベーションへのこだわりを明確に示しています。

グリーンツィードのChemraz®パーフロロエラストマーは、その幅広いポートフォリオにより、複数の産業のさまざまなアプリケーションにおいて、耐薬品性や高温に起因するシールの故障に対する不安を取り除きます。また、WR®およびAR®材料は標準的な金属部品を上回る効率と性能を実現し、老朽化した装置を再び使用できるようにします。

グリーンツィードのアプリケーションエンジニアらは、実際の現場で材料をいかに有効に使うかという点に関して、操作における温度、流体適合性、圧力といった重要な要素を考慮しながら信頼性を保証するためには何が必要かを理解しています。弊社は材料とアプリケーションに関する専門知識を組み合わせ、お客様の装置のパフォーマンスを最適化する革新的なソリューションを開発しています。

グリーンツィードが設計したGTリングは、現在はTシールとして一般に知られ、幅広いアプリケーションで活用されています。弊社はSeal-Connect®製品シリーズの電気コネクタでArlon® PEEKボディを使用する革新的な方法を編み出し、ガラスと金属のコネクタよりも高いピン密度と絶縁抵抗を実現しました。Xycomp®熱可塑性複合材料とArlon®熱可塑性プラスチックから成形する弊社の構造部品は、複数の部品を一つの部品にまとめ、在庫の備蓄と重量に関する問題を軽減します。

イノベーションは、グリーンツィードにとって単なる伝統ではありません。それは、お客様の未来に対するこだわりなのです。